09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分だけのセレブな時間

先日、

ある、習い事をしに東京に行った



そんな話を、昔の同僚(先輩)に話した。


価値観がきっと分かるかたと思ってたので話した。



「その習い事をしに東京まで?そうなんだ~。セレブな生活してるわね♪
充実してそうね。羨ましいわ」



先輩は嫌味とかではなくきっと単純に「いいわね」

だったんだろう。


だけど、セレブって言葉とは、ご縁のない私には・・・


セレブ=贅沢ね



に聞こえちゃった・・・




そのことを同じお稽古してる友人に話した。



「いいじゃない!
セレブ!素敵な言葉だと思うよ
その時間のセレブでいましょうよ」




わお~~~


そう感じれる友人、なんて大らかなんだろう。




素敵な人だな~~。
そして、セレブって言葉を受け入れることを教えてくれてありがとう。



そういえば。。。。


数日目に、お客様あてに投函したDMに、



私自身も「肌セレブ」

と表現しているのだ(笑)なのに、なぜ。



先輩の言葉を大らかに受け入れられなかったのかな




友人のSHIAWASEKOTOBA



感謝
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。