09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷にいるけど

経営者として、「谷」にたたずんでいるように思う。

ある思想哲学の先生の言葉で
「山あり、谷あり。でも谷には、川が流れ、魚も住んでいる」

ような言葉があり、その言葉に出会ってから、心にいつも留めている。


今、川を見ながら、また山に向かおうか、どんな方法で山に向かえばいいのか
と考えているように思う。


数日前、手を怪我した。

手を怪我したことで、辛さと不自由さと、手の(身体の)ありがたさを知った。

自分の為に、お客様の為にもっと・・

という想いで始めた勉強で、まさかの負傷。


自分が悪かったと思う。


この勉強を続けることに意味があるのかな。
ないのかな。


山に登ることを急ぎすぎて、足を滑らせてしまったのかな。


で、また、清流を眺め岩に座り。
次はいつ。
次はどうやって。

と考える。


すこ~~~しだけ、どの方角に向かうか目標が出来てきた。


山に登りたい反面・・・というか山に登らないといけないのはわかっているんだけど

このまま、川で自然を眺めていたいな~~って気持がある。



私には、考える力は与えられたけど
成功する力が与えられていなかったように思う。


多分自分で体力をつけないといけないってことだね。



すんごく深い谷だな~


だけど凄く意味のある場所なんだろうな~~~~。




焦ると転んじゃうけど焦らないと谷の居心地のよさに甘えてしまう。



今日もとにかく今日できることを。








スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。